ペースメーカー遠隔モニタリングを導入済みの病院さまも、
これから始める病院さまも。

ペースメーカー
遠隔モニタリングを
導入済みの病院さまも、
これから始める病院さまも。

ペースメーカー・一括遠隔モニタリング支援システム

ORFICE オルフィス ORFICE オルフィス

「ORFICE」は、各社のペースメーカーはじめ
心臓植込型デバイスの
遠隔モニタリングデータを
自動収集・一元管理
する遠隔モニタリングシステムです。

ペースメーカーの遠隔モニタリング業務には、
負担の大きいプロセスがたくさん
ペースメーカーの
遠隔モニタリング業務には、
負担の大きいプロセスがたくさん

プロセス例1

各社ペースメーカーの
遠隔モニタリングサイトを個々に訪問&
遠隔モニタリングレポートの紙管理

各社ペースメーカーの遠隔モニタリングサイトを個々に訪問&遠隔モニタリングレポートの紙管理

プロセス例2

カルテへの
遠隔モニタリングレポート添付&
所見コメント入力

カルテへの遠隔モニタリングレポート添付&各種コメント入力

プロセス例3

カルテの履歴を参照し、
各患者様の遠隔モニタリング加算項目・
回数を手計算して請求処理

カルテの履歴を参照し、各患者様の遠隔モニタリング加算項目・回数を手計算して請求処理

「ORFICE」がこうした遠隔モニタリング業務をシステム化し、時間を大幅短縮!
患者さま対応など、ペースメーカー管理の本質的な業務に集中できます!

「ORFICE」の特徴

「ORFICE」の特徴

「ORFICE」は、各社ペースメーカーの遠隔モニタリングデータ自動収集機能をメインに、
遠隔モニタリング業務の効率向上に繋がる各種機能を備えた、ペースメーカー管理の総合支援システムです。

  • 特徴1
  • 遠隔モニタリングデータの自動収集・DB化

遠隔モニタリングデータの自動収集・DB化

ペースメーカー各社様のサーバーに蓄積された、遠隔モニタリングデータおよびPDFレポートを自動収集し、データベース(DB)に登録します。
遠隔モニタリング業務で最も負担の大きい”各メーカー専用サイトの個別訪問”、”遠隔モニタリングレポートの紙管理(出力・ファイリングなど)”が不要となります。

  • 特徴2
  • 必要事項を電子カルテにワンクリック転送

必要事項を電子カルテにワンクリック転送

遠隔モニタリング指導管理の実績としてカルテ記載が必要な要素を、電文およびファイル形式で電子カルテに転送可能です。
所見コメントの定型文入力機能と合わせて、カルテ記入の負荷を低減できます。

  • 特徴3
  • 多彩な入力支援機能を提供

多彩な入力支援機能を提供

遠隔モニタリングデータへの所見コメントは、定型文登録して簡単にクリック入力できます(MEコメント・医師コメントを別個に登録可能)。
その他にも、電子カルテ連携による患者基本情報取得、バーコードによるデバイス・リード情報入力、デバイス設定のテンプレート入力など、各種入力支援機能を搭載。

  • 特徴4
  • 大量のデータ管理やチームでの分担管理も円滑化

大量のデータ管理やチームでの分担管理も円滑化

レコードの検索機能に加え、既定条件に該当するレコードのハイライト機能や、MEチェック→医師チェックのようなチームでの分担管理機能を実装しています。
遠隔モニタリング件数が大量な場合でも、チームで効率的な遠隔モニタリングのワークフローを実現できます。

  • 特徴5
  • 手術情報・外来時チェックデータも一元管理

手術情報・外来時チェックデータも一元管理

遠隔モニタリングデータだけでなく、手術情報、デバイス・リード情報(スペック、設定など)、プログラマーから出力される外来チェックレポートなど、ペースメーカー管理に必要なあらゆる情報をワンストップ管理できます。
用件ごとに複数の帳簿を使い分ける手間が回避できます。

  • 特徴6
  • 遠隔モニタリング加算請求内容を自動算定

遠隔モニタリング加算請求内容を自動算定

遠隔モニタリング加算の請求内容は、カルテで過去の指導管理実績を1件ずつ確認し、手計算するのが一般的です。
これは大変手間がかかる作業ですが、「ORFICE」があれば、請求内容は患者様ごとに自動算定され、一覧表示されます。
これにより、医事課スタッフは手間なく確実に請求を行えます。

「ORFICE」導入後のペースメーカー管理のイメージ

「ORFICE」導入後の
ペースメーカー管理の
イメージ

「ORFICE」導入後は、遠隔モニタリングをはじめ、ペースメーカー管理のあらゆるシーンで業務負担が軽減されます。

一般的な管理業務のフロー
ORFICEのフロー
一般的な管理業務のフロー
矢印 矢印
ORFICEのフロー

ペースメーカー等
CIEDs手術時

手術記録に患者情報、術式、デバイス・リード情報、デバイス設定内容などを手入力

矢印 矢印

効率化

  • 患者基本情報は電子カルテ等から自動取込み
  • デバイス・リード情報はバーコード読込み
    (製品マスタは当社がメンテ)

遠隔
モニタリング
実施時

定期的に各メーカーの専用サイトを訪問し、各患者の遠隔モニタリングデータを確認
(+必要に応じてデータを専用帳票に転記)

各患者の遠隔モニタリングレポートを紙管理
(印刷・ファイリング・スキャン)

矢印 矢印

不要化

各社の遠隔モニタリングデータは自動で収集され、データベースに一元登録

矢印 矢印

ペースメーカー各社様のサイト訪問、データ転記、レポート紙管理は不要に!!

電子カルテに指導管理コメントを個別に入力し、スキャンしたレポートを添付

矢印 矢印

効率化

コメントは定型文で効率的に入力し、必要情報(データやPDFレポート)とセットで電子カルテにワンクリックで転送

担当者がペースメーカー各社様のサイトまたは院内帳票から未送信患者をリストアップし、電話連絡を実施

矢印 矢印

効率化

遠隔モニタリング受信状況の患者別一覧を確認し、未受信ステータスの患者に電話連絡実施

外来
フォローアップ
実施時

プログラマーから出力した紙レポートをスキャンし、カルテに添付

矢印 矢印

効率化

プログラマー生成レポートも直接データベース登録+電子カルテ転送可能

医事請求

カルテで遠隔モニタリングの履歴を参照し、加算回数を手計算して請求

矢印 矢印

効率化

画面に明示される遠隔モニタリング加算回数を確認して請求処理すればOK

ORFICEのフロー

ペースメーカー等 CIEDs手術時

  • 患者基本情報は電子カルテ等から自動取込み
  • デバイス・リード情報はバーコード読込み(製品マスタは当社がメンテ)

遠隔モニタリング実施時

遠隔データ収集、データベース(DB)登録、レポート管理

各社の遠隔モニタリングデータは自動で収集され、データベースに一元登録

矢印

ペースメーカー各社様のサイト訪問、データ転記、レポート紙管理は不要に!!

所見コメント入力

コメントは定型文で効率的に入力し、必要情報(データやPDFレポート)とセットで電子カルテにワンクリックで転送

未受信患者管理

遠隔モニタリング受信状況の患者別一覧を確認し、未受信ステータスの患者に電話連絡実施

外来フォローアップ実施時

  • プログラマー生成レポートも直接データベース登録+電子カルテ転送可能

医事請求

  • 画面に明示される遠隔モニタリング加算回数を確認して請求処理すればOK

「ORFICE」の導入で、少ない負担で適切な遠隔モニタリングが実現できるとともに、
簡便かつ確実な加算請求の仕組みを構築できます。

遠隔モニタリング加算の診療報酬点数について詳しくはコチラ

導入事例

導入事例

Coming Soon

導入事例のご紹介ページは近日公開予定です。
最新のORFICEの導入実績については当サイトのお問い合わせフォームから弊社までお気軽にお問合せください。

「ORFICE」の機能構成

「ORFICE」の機能構成

基本機能

  • 遠隔モニタリングデータの自動取込み
    (WEBサイト経由・API経由)
  • 外来チェックデータの自動取込み
  • デバイス・リード情報のバーコード読込
  • 所見・指導管理コメントの定型文入力
  • デバイス設定のテンプレート入力
  • 遠隔モニタリング加算回数の算出・表示
    (電子カルテへの転記も可能)
  • ME確認→医師確認の二段階チェック
  • 既定条件に該当するデータのハイライト表示
  • 各種レコード検索

外部連携

  • 電子カルテへのデータ転送(電文/ファイル転送)
  • 患者基本情報の取り込み
  • 外来予約情報の取り込み

画面構成

  • 遠隔モニタリングデータ一覧/詳細
  • 外来チェックデータ一覧/詳細
  • 各患者の手術・遠隔モニタリング・外来チェックの時系列サマリ
  • 各患者詳細
    (基本情報、デバイス・リード詳細スペック、設定情報、チェックデータPDFなど)

管理マスタ

  • ユーザーマスタ(電子カルテと同期可能)
  • 商品マスタ(当社が維持管理)

※各機能および画面構成は最新版で変更となっている可能性があります。
最新の状況は弊社担当者にお問い合わせください。

医療事務の女性

各連携機能のメーカー対応状況(2020年10月時点)

各連携機能のメーカー
対応状況(2020年10月時点)

遠隔モニタリングデータ自動取得
WEBサイト経由またはAPI ※1 連携

  • Abbott
  • Biotronik
  • Boston Scientific
  • Medtronic
  • Microport ※2
  • ※1:データ取得用専用プログラム(各メーカーから病院様に提供)
  • ※2:PDFレポートのみ取得可能

外来時チェックレポート取り込み
(PDF)

  • Abbott
  • Biotronik
  • Boston Scientific
  • Medtronic
  • Microport

電子カルテ連携
(患者データ取得/データ転記)

  • 富士通
  • NEC
  • IBM
  • SSI
  • CSI
各連携機能のメーカー対応状況イメージ

価格プラン

価格プラン

ORFICEの初期導入費用と月々のランニング費用は以下の通りです。

初期導入費用

300万円~

  • 弊社標準構成を採用頂く場合の金額となります。
    (構成変更の場合は金額が変わります)
  • 回線費用、電子カルテなど外部システムとの連携費用は含みません。

月額費用

月300円 / 対象患者さま

  • 「ORFICE」に登録された患者様のうち、対象月内に遠隔データの受信実績がある患者様のみ課金対象となります。

運用開始までのタスク

運用開始までのタスク

  • 運用フロー構築
  • 運用フロー
    構築
  • 現在の遠隔モニタリング業務フローの確認
  • 「ORFICE」導入後の業務フローおよび「ORFICE」運用方法の検討・確定
  • 遠隔データ取得機能実装
  • 遠隔モニタリング
    データ収集機能実装
  • ペースメーカー各社様のデータ取得方式決定(API連携 or WEBサイト経由)
  • ペースメーカー各社様のAPI入手手配(病院様による対応)
  • データ取得テスト(事前テスト・実施テスト)
  • 電子カルテ連携確立
  • 電子カルテ
    連携確立
  • 電子カルテ連携仕様・フローの検討・最終化
  • 電子カルテベンダーとの調整・契約(病院様による対応)
  • 電子カルテ接続テスト(事前テスト・実地テスト)
  • システム・NW構成確定
  • システム・
    NW構成確定
  • システム構成・ネットワーク構成の検討・最終化
  • 機器設置環境・接続環境確認
  • 機材調達・導入
  • 機材調達・
    導入
  • 機器選定
  • ハードウェア・ソフトウェア調達
  • システムセットアップ・動作検証
  • 機材搬入・設置
  • 稼働テスト
  • 回線環境構築
  • 回線環境構築
  • 操作説明
  • 運用/保守開始
運用までの所要時間 約3ヶ月
運用までの所要時間 約3ヶ月

※各種検討、機材調達等に要する期間によって所要期間は変動します。